”Webサイトを立ち上げたばかりでも、検索結果の1ページ目に表示する機会を与えてくれるスポンサードサーチは素晴らしい”(Yahoo!プロモーション広告)

Yahoo!プロモーション広告(公式サイト)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告の反応率を倍増させる2つの方法 

広告を出して最初は効果があったけれど、だんだん反応率が下がってきて
悩んでいる方は多ようです。


確かに、広告の反応率が下がってきているというのは、とても深刻な
問題です。


でもそれは、ある程度予想していた事でもあります。


これは単純にインターネットビジネスをする人が増えてき
ているので、それに合わせて、同じような広告を出す人が
増えてきています。

広告を見る人も新鮮味がなくなってきているから、クリックする
人も購入する人も減ってきます。




このような事態は遅かれ早かれ来ます。
ビジネスである以上避けられない事です。



ではそんなときはどうすればいいと思いますか?




そういうときにやれる事は大きく2つあります。



1つは、他の広告媒体を探す事


これはビジネスの基本ですが、1つの広告媒体だけに
依存しすぎないという事です。


メルマガ広告がダメでもグーグルやヤフーのクリック当たり課金する
PPC広告やアフィリエイトやその他にも数え上げられないくらい
たくさんあります。

↓ PPC広告について詳しくはコチラ
【銀太郎ブランド】PPC戦略 -GoogleAdwords編


できれば、WEB上だけじゃなく、ダイレクトメール、FAXDM
雑誌広告などのオフライン広告の方法も活用した方がいいです。



このように複数の広告媒体があれば、1つがダメになっても
ダメージはだいぶ小さくできます。




もう1つのやれる事は、広告文をライバルとまったく違う
際立ったものにすること。



この際立った広告文を書くことは、複数の広告媒体を探す事と
組み合わせる事で一気に効果を倍増させる事ができます。




際立った広告とは、具体的にはダイレクトレスポンス型広告に
変えることを指しています。



そんなのもう実践しているという人も多いと思いますが、

ここで重要なのは、そのダイレクトレスポンスマーケティングは
誰から教わったかです。



日本の人ですよね?


だから、広告文も似たようなものばかりになって、ライバルと同じように
反応率は下がります。


他の人と違うものを見せていくには、他の人と違う情報を仕入れて、
実践していくしかありません。一番いいのはアメリカの情報から直接
とってくるのが一番です。


でも、そんな事普通だったら簡単にはできないですよね?



アメリカの最新のダイレクトマーケティングの情報を直接
日本語で仕入れるには、ダイレクト出版が出している
ダイレクトマーケティング101シークレットが僕の知る限りでは一番いいです。



なぜなら、本場アメリカのダイレクトレスポンスマーケティング業界 では
知らない人はいないほどの権威中のの権威であるジェフポールが書い た
ダイレクトマーケティングのノウハウが101個も詰まっていて 、オフラインの
広告の仕方からオフラインからオンラインへの誘導とか色んなマーケ ティング
テクニックが公開されているからです。



しかも今なら、150名限定で無料でお試しできるそうです。
ぜひこの150名の枠に入って、本場アメリカのダイレクトレスポン ス
マーケティングを取りれてみてください。

広告の反応率を倍増させる2つの方法


PS
この無料オファーは一気にライバルに差をつけちゃえるチャンスです 。
150名の無料の枠がなくならないうちに今すぐゲットしておいて下 さい。


広告の反応率を倍増させる2つの方法

無料広告.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。